徹底リサーチ!おすすめクレジットカード比較WEBホーム » 【年齢別】クレジットカード申請・利用状況をリサーチ » 【特集】学生におすすめのクレジットカード利用方法

【特集】学生におすすめのクレジットカード利用方法

学生向けクレジットカードをご紹介

クレジットカードと聞くと社会人の方だけが持てる大人のアイテムというイメージがありますが、現在は学生専用のクレジットカードが登場しています。そのためまだ学生の方でも、クレジットカードを使って日常生活を楽しむことが可能です。

学生でもクレジットカードは持てる

クレジットカードを持つための条件

クレジットカードを作成する場合は、まず一定の条件をクリアする必要があります。特に重要視されるのは申し込み者の年齢と、返済能力の有無です。

クレジットカードの申し込みができる年齢は18歳以上で、大学生や専門学校生として生活している方は楽にこの審査をクリアすることができます。短大生や大学院生も作ることができますが、大学院生は作成するカードの種類によっては作成できないことがあるので注意しましょう。

アルバイトやパートとして働いている20歳以上の男性は、自由にカードを作成することが可能です。しかしカードの種類によっては申し込みを断られることがあります。

学生のうちからクレジットカードを持つことのメリット

学生向けのクレジットカードを作っておくと、万が一日常生活でちょっとした資金トラブルが発生してもすぐに対処することができます。

カードの利用者としての実績も残るため、社会人になった際クレジットカードの審査をクリアできる可能性が高いです。無理に学生向けクレジットカードを作成しておく必要はありませんが、作成しておけば今後の社会人生活に役立ちます。

自分に適したクレジットカードを検索

現在では学生向けのクレジットカードが多く登場しており、どなたでも簡単にクレジットカードを持つことが可能です。まずはそれぞれのクレジットカードが持つ特徴を確認し、自分に適したクレジットカードを探してみましょう。

学生さん向け!クレジットカード選びのポイント

学生向けクレジットカードを作成する際は、それぞれのカードに存在するメリットをきちんとチェックしてみましょう。

一般的な学生向けクレジットカードには年会費無料のタイプや、旅行保険などのサービスがついているタイプなどが存在します。それぞれの生活スタイルに適したものを選択すれば、クレジットカードを活用することで快適な生活を楽しむことが可能です。

人気の学生向けカードを紹介

学生専用ライフカード

ライフカードは一般のクレジットカードだけでなく、学生向けクレジットカードも発行しています。海外旅行傷害保険や学生専用窓口などのサービスが用意されているので、いざという時も安心して対応することが可能です。

カードの年会費は永年無料であり、学校を卒業した後も年会費を支払う必要はありません。利用可能額は5万円から30万円までと高めで、それぞれの収入に合わせて好きなように設定することができます。

18から25歳限定 デビュープラスカード

三井住友が発行しているデビュープラスカードは、18歳以上ならば学生の方でも取得することができます。初年度の年会費は無料であり、一回以上カードを利用していれば二年目以降の年会費も無料になるため非常にお得です。

入手できるポイントが二倍となっているため、使えば使うほど沢山のポイントを集めることができます。充実したサービスが利用できるので、学生の方だけでなく初めてクレジットカードを作る方にも適したカードです。

カードの使い方にご用心

ここに気を付けて!クレジットカードの使い方

クレジットカード代金の支払いが遅れてしまうと、個人信用情報機関の評価が下がってしまい今後のカード利用に悪影響が生じる可能性が高いです。住宅ローンや自動車ローンの利用にも支障が出るので、返済はきちんと行なっておきましょう。

特に学生はリボ払いを理解せず使用する傾向が強いですが、リボ払いは金利手数料が高いため学生が利用するのには適していません。利用すると返済に行き詰まる可能性が高いため、利用する際はリボ払いの仕組みをきちんと確認しておきましょう。

一般カードと学生向けカードの違い

学生カードの注意点

学生向けクレジットカードを作る際、18歳や19歳の方は親権者の同意が必要になります。これは万が一カードの所有者がカード料金を支払えない場合、親権者へ請求を行なえるように対応するためです。

24歳までは学生向けクレジットカードを利用することができますが、25歳になるとカードは一般のものへと切り替わります。そのため学生特典を利用できるのは、24歳になるまでの間だけです。

カードが作れない場合の対策

家族カードを使うという手段もある

学生向けカードを作ることができない場合は、代わりに家族カードを作ってもらうという対処法もあります。家族カードはクレジットカードを持っている方と同じ保険が利用できるため、万が一旅行中に怪我を負ってしまっても安心です。

利用明細がわかりやすいため家計管理も簡単で、ポイントやマイルが貯まりやすいのでいろいろな面で役立ちます。しかし利用した履歴は自分の実績として残らないので、家族カードを作る際はその点に注意しましょう。

男女100人に調査!あなたの魅力をあげるゴールドカード3選
男女100人に調査!あなたの魅力をあげるゴールドカード3選