HOME » 評判のクレジットカード一覧を紹介 » 三井住友VISAカード

三井住友VISAカード

MITSUI SUMITOMO VISA CARD
ブランド力は世界レベル「三井住友VISAカード」

ブランド力は世界レベル
「三井住友VISAカード」の特徴

三井住友VISAカードといえば、クレジットカードを持たない人を含め誰もが知っているカードではないでしょうか。そのブランド力は国内だけにとどまらず、海外でも広く認知されています。

「パルテノン神殿」をモチーフとしたデザインも、洗練されていて口コミ評判も上々のようです。発行元は、三井住友カード。ここが、日本で初めてVISAカードを持ち込んだ信販会社であり、VISAを扱うクレジットカード会社のなかで会員数も取引高も国内トップといわれています。

三井住友VISAのメリット

ゴールドカードでも初年度年会費が無料に

インターネットから入会することで、初年度年会費は無料になります(三井住友プラチナカードなど、一部有料のカードもあります)。クラシックカード(一般カード)はもちろん、ゴールドカードも初年度無料というのはうれしいサービス。

さらに2年目以降も、クラシックカードはリボ払いの「マイ・ペイすリボ」に登録し、年1回でもクレジットカードを利用すれば翌年の年会費が無料に。

また、ゴールドカードもリボ払いの「マイ・ペイすリボ」に登録し、WEB明細書にすることで半額以下の4,000円にできます。これだけステータスがあるクレジットカードで、年会費がこんなに安いのは他にあまりないでしょう。

充実のショッピング補償

三井住友VISAカードの特徴として、クレジットカードで購入した商品の損害補償サービス「ショッピング補償」があります。利用料は3,000円かかりますが、クラシックカードなら100万円まで、ゴールドカードなら300万円まで補償されます。

ただし、3回以上の分割払いかリボ払いで購入した商品であることが条件です(海外で購入した商品は一括でもOK)。

ポイント・プログラム「ワールドプレゼント」

ポイント還元率は0.5%(1,000円につきワールドプレゼント1ポイント=5円相当)です。Amazonや楽天市場でお買い物をすれば1%に、旅行サイトのエクスペディアだと3%、電子書籍サイトBookLive!だと5.5%も付きます。

貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやiDバリュー、ギフトカードなどと交換できます。注目はマイルにも移行できること。例えばANAのマイルなら100ポイント300マイルに移行できます。しかも、移行手数料がかからない点が魅力です。

三井住友VISAカードのラインナップ(一部)

三井住友VISAクラシックカード 三井住友VISAクラシックカード
年会費 1,250円
インターネットで入会すれば、初年度の年会費は無料。翌年度以降も条件付で無料になります。
海外旅行傷害保険は最高2,000万円(クラシックカードAは国内も含め最高2,500万円)補償。
三井住友VISAゴールドカード 三井住友VISAゴールドカード
年会費 10,000円
インターネットで入会すれば、初年度の年会費は無料。翌年度以降も条件付で4,000円~になります。
空港ラウンジサービスが無料、一流旅館・ホテル宿泊が特別価格で利用可能。
三井住友プラチナカード 三井住友プラチナカード
年会費 50,000円
ゴールドカードの特典に加え、コンシェルジュサービスや最高1億円の旅行傷害保険も付帯。

三井住友VISAカードの口コミ評判をチェック!

有名ブランドのクレカなのに、審査はたった3日で作成できました。キャンペーンのキャッシュバックも大きかったのも、三井住友VISAカードを選んだ理由です。入会後も、キャンペーンに注目してポイントを貯めています。

ショッピング補償とか興味なかったが、実際に分割で購入したブランドバックがひったくりにあった際、この補償に助けられました。購入してから2カ月しかたっていなかったこと、警察に被害届も出していたことなどもあって認められたのですが、クレジットカードを持っているだけで補償されるとは、とても驚きました。

高額商品は、分割で購入するとポイントがアップしてお得です。ただ、リボ払いは注意。あまり少額に設定するといつまでも返済されないように感じてきて地獄です…。

注目度が高いおすすめゴールドカード3選