徹底リサーチ!おすすめクレジットカード比較WEBホーム » 【初めての方必見!】クレジットカード基本情報まとめ » クレジットカードポイントで利用できるサービス

クレジットカードポイントで利用できるサービス

クレジットカードのポイントを有効に使うには

クレジットカードで貯めたポイントは、商品券やギフト券、日用品、家電製品、美容関連アイテム、カード会社のオリジナルアイテムなど、さまざまなアイテムに交換できます。ただ、一般的にこうしたアイテムへの交換はあまりお得とは言えません

例えば、人気家電製品をポイントでもらおうとした場合、いったいいくらお買い物をすればよいのでしょうか?安売りの時期に買ったほうが断然お得でしょう。

ポイント移行が堅実な手段

堅実かつお得な方法としては、ポイントをTポイントや電子マネー、マイルなどへ移行するのが一番です。一例を挙げると、「YJカード」や「P-one Wiz」などの場合、Tポイントに移行したほうが還元率は高くなるなど、お得になることもあります。

また、JR東日本の「ビュー・スイカカード」は電子マネーSuicaに、「三井住友VISAデビュープラスカード」やdocomoの「dカード」などはiDにチャージできますし、「VIASOカード」は口座振込によるキャッシュバックサービスを提供しているところもあります。

ユニークなポイント交換があるクレジットカード

一方で、そのクレジットカードを持っている人しか体験できないような特典を用意している会社もあります。パラグライダー体験やナイトクルーズなど、普段はなかなかできないものをポイント特典として提供しているのが、「アメリカン・エキスプレス」。なかでも、「Precious Dinner 名士とのAmazingな晩餐」という特典がとても魅力です。これは、人気ソムリエや有名な小説家など普段は絶対に会えないような方と一緒に高級レストランでディナーを楽しめるというものです。

ディズニー好きの方であれば、「JCBカード」では東京ディズニーリゾート年間パスポートを特典として用意。好きなときに好きなだけ遊べるとして人気があるようです。また、三井住友VISAカードが提供する「ニコニコ三井住友VISAカード」では、ニコニコ本社の大型ビジョンに出演できる権利や、イベントスペースの一日貸し切り権など、ユニークな特典を用意しているところもあります。

権利関係の特典でいえば、京都宇治茶の茶畑一坪のオーナー権(一年分)という特典がある「ダイナーズクラブ」。高級茶として知られる宇治茶が年に4回届くほか、茶摘み体験などのイベントにも参加できるなどの特典もついています。

ポイントを効率的に貯めるには?

クレジットカードのポイントは、ほんの少しの工夫で効率的に貯めることができます。

たとえば、カード会社が運営しているショッピングモールを利用したり、期間限定でポイントが増量するサービスの時にまとめて買い物をしたりする方法があります。

カード会社によって、ポイントが増量する時期やイベントが異なります。

「自分が使用しているクレジットカードはいつ使うとお得か」は、あらかじめ把握しておくことをおすすめします。

また、クレジットカードによってはポイントの貯まり方もさまざま。クレジットカードを頻繁に使う方は、このような点を気にかけておくことでお得に買い物が楽しめるのです。

「そこまで変わらないのでは?」と思うかもしれませんが、カードによって通常の2倍、3倍、10倍と桁違いの差がつくこともあります。

ポイントを貯めやすいクレジットカードを選ぶ

ポイントが貯まりやすいクレジットカードを探す時は、ポイント還元率よりもサービスの多さで判断するのが良いでしょう。

例えばポイント還元率は並でも、以下のようなサービスがそろっていればポイントは効率よく貯まります。

  • 公共料金や通話料などの料金支払いでポイントプラス
  • 提携店舗での利用は10%ポイントサービス
  • 提携ネットショッピングの利用でポイントプラス
  • 毎月決まった日の利用はポイントアップ

たとえ普段の還元率は低くても、このようなサービスが多ければ不足分を十分にカバーできます。

還元率の高いカードを使うことも、もちろん有効です。

こちらは、カードメインで買い物をする人ほど高還元率のメリットを活かせます。

しかし、還元率ばかりに囚われすぎないように注意も必要。還元率が高いかわりに、有効期限が短かったり交換商品が少なかったりするケースもありますし、会費の負担が必要なものもあります。

ポイントを貯めるカードを選ぶ時は、事前に基本的な契約内容を確認しておくことが必要です。

クレジットカードポイントを使うタイミング

クレジットカードを使える場所は年々増加しており、公共料金や税金、保険代などをはじめ、カフェやイベントでも対応可能です。

カードを使えるところを見逃さないようアンテナを張っておくことで、ポイントはどんどん貯まっていきます。

カード会社運営のショピングモール・サイトを利用

前述したように、カード会社が運営しているショッピングモールでカードを使えば、効率的にポイントを貯めることができます。

ほとんどのお店がクレジットカードに対応しているため現金の必要がない他、イベントなどによってはポイントが増量することもあります。

公共料金支払いを一元化

電気・水道・ガス代などの公共料金は、すべて同じカードを使うことをおすすめします。そのほうがお金の管理がしやすく、家計簿の計算なども楽に行えるからです。

また、使用するカードに公共料金の支払いの場合、ポイントプラスのサービスがあれば付与されるポイントも多くなります。

家族でカードを作る

当然の話ですが一人よりも、家族全員でカードを使ったほうが買い物金額も増えるのでポイントは貯まりやすいです。

家族の分のポイントも受け取りたいのなら、家族カードを発行しましょう。

これは、持ち主が配偶者や子どもの分まで、まとめて発行できるクレジットカードであり、支払いや利用明細を一括して管理できます。

家族カードは年会費が割安、もしくは無料になることが多く、審査もほぼ確実に通ります。よって、家族みんなで違うカードを持つよりもお得です。

しかし、子供が知らないところで、大量にお金を使ってしまうなどのケースもあります。

近年では、スマートフォンのソーシャルゲームで大量に課金していたという事例も増えています。

このようなリスクを減らすには、使用した分の料金を後で本人から請求したり、あらかじめ月々の利用料金を決めたりする必要があります。

どちらが魅力的?ゴールドとクレカの違いをシーン別に徹底比較!
男女100人に調査!あなたの魅力をあげるゴールドカード3選