HOME » 評判のクレジットカード一覧を紹介 » JCBカード

JCBカード

JCB CARD
国内唯一の国際ブランド「JCBカード」

国内唯一の国際ブランド
「JCBカード」の特徴

JCBカードは、日本で唯一国際ブランドを展開するクレジットカード会社です。

クレジットカード全体のなかでJCBカードが占めるシェアは、世界で5位、日本では1位ですので、国内はもちろん、海外でも「サムライカード」として広く認知されています。

また、JCBカードは独自にクレジットカードを発行しているブランドとしても有名です。VISAやMasterCardなどは、サービスの異なるクレジットカード会社と提携して発行していますが、JCBカードは自社で発行しているため共通のサービスが受けられます。

もちろんJCBカードにも提携カードはありますが、それより自社で発行する「プロパーカード」は、ステータス性があって評判がよいのです。

JCBカードのメリット

世界的に加盟店が多い

JCBカードが使えるのは、190の国と地域にある約2,900万店。ショッピングだけでなく、国内の電気・ガス・水道といった公共料金の支払いも可能です。JCBカードを持っていればどこでも使えるという安心感がありますので、クレジットカード初心者でも持っていて間違いないでしょう。また、利用者数も全世界に約8,900万人もいます。

独自ポイントサービス「Oki Dokiポイントプログラム」

JCBカードのポイントプログラムは「Oki Dokiポイントプログラム」と呼ばれ、毎月の利用額に対して1,000円につき1ポイント(=約5円相当)が付与されます。還元率は0.5%くらいですが、ポイントが何倍も貯まるしくみもたくさんあります。

例えば、JCBの加盟店で構成された「ORIGINAL SERIESパートナーショップ」で、旅行やエンターテイメント関連のお買い物をすると、ポイントが3~5倍にアップ。また、JCBが運営するネットショップ「Oki Doki ランド」のショッピングなら、最大20倍になります。貯まったポイントは、JCBの商品券など各種商品と交換できます。

ゴエンターテイメント関連に強い

イベントやコンサート、テーマパークの入場券といったチケットサービスで優位なサービスが受けられるのもJCBカードの特徴。イベントの案内はもちろん、人気アーティストのコンサートチケットをJCB会員だけの先行発売や、割引サービスが受けられるといったメリットも魅力でしょう。

アメリカン・エキスプレス・カードのラインナップ(一部)

JCB一般カード JCB一般カード
年会費 1,250円(初年度無料)
明細書をメールで届ける「MyJチェック」登録し、年間50万円以上利用すると、翌年度は無料に。
海外で適用されるショッピングカード保険(最高100万円)、国内・海外旅行傷害保険は最高3,000万円補償。
JCBゴールド JCBゴールド
年会費 年会費:10,000円
オンライン入会で初年度無料。空港ラウンジが無料で使えるほか、国内線・国際線の航空機遅延保険も。海外旅行傷害保険は最高1億円です。
JCBザ・クラス JCBザ・クラス
年会費 50,000円
JCBから招待された利用者のみが持てるプラチナカード。マイル還元率のアップ、プライオリティパス、コンシェルジュデスクなどさまざまな特典が受けられます。

JCBカードの口コミ評判をチェック!

一般カードは、条件さえ満たせば年会費無料なのでお得に感じています。使う場所を選ばないシンプルなデザインのカードを持っていますが、ディズニーのキャラクターデザインとかも発行しています。

ポイントがどんどん貯まるカードです。入会から半年間はポイント2倍になるキャンペーンや、携帯電話や電気など公共料金の引き落としでもポイントがつくし、キャッシング枠の設定でもポイントが貯まります。QUICPayとiDもついていて少額でも使いやすいです。

ポイントはAmazonでも使えるし、Tカードやマイルに移行することも可能なので便利です。ネットショップをよく利用するので、「Oki Doki ランド」でポイントを貯めて、Amazonでポイントを使って購入しています。

注目度が高いおすすめゴールドカード3選