HOME » はじめてでも分かるクレジットカードの知識まとめ » クレジットカードの使い方

クレジットカードの使い方

クレジットカードを初めて利用する場合、その使い方と注意点を説明します。

初めての人向けクレジットカードの使い方

まず、最初に確認したいのが「そのお店でクレジットカードが使えるか」ということ。

使えるお店では、店頭やレジ前などにクレジットのブランドマーク(VISA、MasterCard、JCBなど)が表示されています。表示がない場合でも使えるお店はありますので、念のため店員さんに確認しましょう。

また、クレジットカードの裏面には自分の名前を自筆で書き込む欄があります。名前が書いていなくても使用できますが、万一紛失して悪用されることを防ぐためにも、名前を書き込んでおきましょう

使い方1 支払いはクレジットカードと言う

まず、お店のレジで商品の会計してもらう際に財布からクレジットカードを取り出しておき、「支払いはクレジットカードで」と店員さんに伝えます。店員さんがクレジットカードを受け取り、カード払いの処理をしてくれます。

その際、「支払い方法はどうしますか?(一括、分割など)」と店員さんから聞かれることがあります。初めて使う方は、できるだけ一括がおすすめ。分割などの場合、カード会社からの手数料がかかるからです。手数料がいくらになるか、そのしくみが分かっている場合を除き、一括で支払うことを推奨します。

使い方2 サインまたは暗証番号

店員さんが処理をした後、

  1. 領収書(レシート)にサインをする
  2. 暗証番号を入力する

…のいずれかが求められます。

サインをするお店では、店員さんがレシートの一部を指さして「ここに書いてください」と伝えてくるので、自分の名前を自筆で記入すればOKです。カード裏面に記入したもの(漢字なら漢字で、ローマ字ならローマ字で)を記入します。

暗証番号を入力するお店では、店員さんが専用の端末にクレジットカードを挿入し、「番号を入力してください」と伝えてきます。この暗証番号は、クレジットカードを申し込みする際に記入した4桁の番号です(一部のクレジットカード会社では会社が番号を決めることがあります)。できるだけ番号を他人に見られないように入力しましょう。

もし暗証番号を忘れた場合は、「サインにしてください」と言えば処理方法を換えてくれます。なお、サインをするお店の場合、金額が少額の場合は省略されることがあります(お店によって金額は異なります)。逆に、コンビニエンスストアでも金額が高額になるとサインが必要になるところもありますので、覚えておきましょう。

使い方3 クレジットカードを返してもらう

支払い処理が済んだら、領収書(レシート)と一緒にクレジットカードを返してくれますので、受け取りましょう。これで決済は終了。後は、クレジットカード会社から請求が来ますので、支払い期日までに銀行口座へ入金しておきましょう。

どちらが魅力的?ゴールドとクレカの違いをシーン別に徹底比較!