徹底リサーチ!おすすめクレジットカード比較WEBホーム » 【初めての方必見!】クレジットカード基本情報まとめ » クレジットカード年会費に関する基本知識

クレジットカード年会費に関する基本知識

話題の年会費無料クレジットカード

現在提供されているクレジットカードの中には、年会費を支払わずに利用できるカードが登場しています。こういったクレジットカードを作成しておけばカードの維持費を最小限に抑え、長い間カードを使い続けることが可能です。

年会費無料のクレジットカードってどんなカード?

クレジットカードを作成する際は、カード会社に年会費を支払う必要があります。そのためクレジットカードを作ろうと考えている方の中には、カードの年会費に不安を抱えている方が多いです。こうした不安を抱えている人の多くは、年会費無料のクレジットカードを利用しています。 年会費無料のクレジットカードは年会費が発生しないため、カードを利用する際にカード会社へ資金を払う必要がありません。カード会社は年会費を請求しない分、加盟店手数料や分割手数料などを得ることで利益を集めています。 最近では年会費無料のクレジットカードが多く登場しており、誰もが気軽にクレジットカードを所有できるようになってきました。

年会費が無料な理由

クレジットカードを利用する方の数が増えてきた現在は、多数のクレジット会社が年会費無料のカードを発行するようになっています。年会費を無料にすれば誰もが気軽にカードを所有でき、カードを使うことで会社に大きな利益を集めることができるためです。 年会費無料のカードにはいろいろなタイプが存在しており、それぞれのタイプによって違った特徴が存在します。 初年度のみ年会費が無料なタイプはカードを取得した1年目は無料ですが、2年目からは年会費を支払う必要があります。年会費は無料だがカード発行に費用がかかるタイプは、一度しか支払いがないため出費を最小限に抑えることが可能です。 リボ払い専用カードなどの特殊なタイプは、使用する際に手数料や金利が発生します。そのためカードの作成に費用が発生したりすることはありません。

分割・リボ払いと一括払いの違い

クレジットカードには一括支払いの他に分割払い、リボ払いなどの支払い方法が存在します。 これらの支払い方法はそれぞれ発生する金利の額が異なっているため、利用する際は金利の違いをよく確認しておかねばなりません。金利の違いをよく確認せずにカードを使っていると、返済に苦労する可能性が高いです。 最も多く使われているのは一括払いで、買い物をした翌月に料金を支払う方法です。利子が一切発生しないため、現金で支払うのと同じような感覚で買い物を楽しむことができます。 分割払いは料金を三回以上に分けて支払う方法であり、支払い回数を六回や十二回などに分けることもできます。返済時は金利や手数料が発生するので、利用する際は注意が必要です。 リボ払いは毎月一定の額を返済するタイプの支払い方法で、月々の返済額を一定に保つことができます。こちらの支払い方法も、分割払いと同様に金利が発生します。

クレジットカードのタイプをご紹介

年会費無料のクレジットカードのメリット・デメリット

年会費無料のクレジットカードが持つメリットは維持費が発生しない、ショッピングポイントが充実していることです。カードを利用していても年会費が発生せず、年会費が発生するクレジットカードと同じように店頭やネットショッピングで使えるため、使い勝手に困ることもありません。 使った分だけショッピングポイントも貯められるので、ネットショッピングや買い物好きの女性にピッタリです。 他のクレジットカードに比べて審査が簡単なので、初めての方でも気軽にカードを作ることができます。 しかしポイントの還元率は有料クレジットカードよりも低く、利用できるサービスの数はそれほど多くありません。利用限度額も低めです。

年会費有料のクレジットカードのメリット・デメリット

年会費が発生するクレジットカードには保険がついており、海外旅行などを楽しんでいる際にトラブルが発生しても迅速に対応することができます。家族カードやETCカードとしての機能も設定されているため、より快適にクレジットカードを使用することが可能です。 使用回数が少なくてもカードの更新を断られることはありませんが、その場合だと支払った年会費が無駄になってしまいます。

有料と無料、どちらがいいのか

初めてクレジットカードを作る方はまずカードの使いやすさなどを体感するために、年会費無料のクレジットカードを作成するのが最適です。 ある程度クレジットカードのサービスや使いやすさをチェックし、もっと多くのサービスを利用したいと感じた時に有料カードへ切り替えを行なうのが理想的な手順になります。最初から年会費の発生するクレジットカードを作成してしまうと、うまくクレジットカードを使いこなせない可能性が高いです。 しかし普段カードで買い物を楽しむことが多い方は、最初から年会費有料のカードを作成しても問題ありません。海外旅行などを行なうことが多い方にも年会費有料クレジットカードは適しています。 普段あまりカードを利用しない方や最低限のサービスだけを活用したい方は、そのまま年会費無料のクレジットカードを使用しましょう。

カード作成後の年会費発生に注意

気を付けて!年会費無料のクレジットカードにもいろいろある

年会費無料のクレジットカードにはいろいろなタイプが存在しており、一定条件で年会費が発生するタイプのカードも存在しています。そのためクレジットカードを作成する際は内容をよく確認し、後になって年会費が発生しないように十分注意しなければなりません。 年会費無料のクレジットカードでよく発生するトラブルは、年会費が無料から有料に切り替わるパターンです。いきなり有料へと切り替わることもあるので、カードを作成した後は定期的にカード会社からのお知らせをチェックしておきましょう。 一定の条件をクリアすることで年会費が無料になるタイプは、条件をきちんとクリアし続けていれば年会費を請求されることはありません。なるべくならこういった条件のクレジットカードを選択するのが適切です。

男女100人に調査!あなたの魅力をあげるゴールドカード3選
男女100人に調査!あなたの魅力をあげるゴールドカード3選