徹底リサーチ!おすすめクレジットカード比較WEBホーム » 【初めての方必見!】クレジットカード基本情報まとめ » クレジットカードの選び方

クレジットカードの選び方

利用することでさまざまなメリットがあるクレジットカード、選び方を間違えると損をすることを知っていますか?

クレジットカードによって、特徴は違います。特に特典やポイントという点では、利用に応じたものを選んでおいた方がお得なのです。

ここでは、クレジットカードを使うときに役立つ選び方のポイントをご紹介します。

クレジットカード選びのポイント

クレジットカードは、カード会社によって特典内容が異なります。そのため、クレジットカードは適当に選ぶのではなく、特典を比較する必要があるでしょう。自分のライフスタイルにあわせて、クレジットカードを利用したが断然お得です。

ここで、クレジットカード選びのポイントは以下の4つです。

  • 年会費の金額
  • クレジットカードの付加価値
  • カード会社の規模
  • カードステイタス・特典・年会費のバランス

これらを比較するときに大切なことは、「自分が一番重視するポイントはなにか」を見極めることです。

いずれのポイントも条件に満たしていればいいですが、バランスも大切です。そのため、クレジットカードを選ぶ上で外せないポイントをしっかり見極めることが大切です。

大切なことは使用目的を明確にすること

クレジットカード選びでは、「使用目的を明確にすること」が重要です。たしかにクレジットカードには特典こそ多いですが、それらはカードを利用することではじめて得られます。

カード会社によって異なる特典は、自身の要望に応じていないと全く意味を成しません。損をしないためには自分がなにを目的としているかを明確にして、クレジットカードを選ぶことが大切なのです。

例えば、クレジットカードで貯まるポイント。ポイントは、利用額に応じて付与される特典です。そのため、よく利用するサイトやお店などで利用できる場合、効率よく貯めることができるでしょう。

塵も積もれば山となるという言葉のように、日々に利用でポイントがたくさん貯まり、プレゼントや現金と同じように使えます。まずは、自分の生活を見直して、クレジットカード選びの参考になるポイントを洗い出してみてください。

年会費の金額とサービス内容を把握

クレジットカードの種類によっては、年会費が発生します。

年会費は、年会費無料~1万円前後の一般的なものから30万円以上かかるという富裕層向けのものもあります。この年会費の違いによって、特典内容が変わるのです。

例えば、年会費無料の普通クラスの場合、利用額に応じてポイントが付与される程度です。一方、年会費が30万円最上級クラスの場合、専用のコンシェルジュサービスやホテル宿泊時に特別なサービスが受けられるなど、年会費相応の特典が期待できます。

といっても、こういった最上級クラスのクレジットカードは、だれでも利用できるわけではありません。利用に伴うクレジットカードの審査が厳しくなります。一定の年収と利用金額がないと契約できないため、現実的ではないこともあります。

はじめてクレジットカードを使うときは、まずは年会費が無料、もしくは安価なものを選びます。そのあと、年収や利用額に応じて改めて比較するのがおすすめです。

クレジットカードの付加価値

付加価値を基準に選ぶ方法も効果的です。

例えば、クレジットカードによっては、空港でラウンジが使えるサービスがついているものがあります。

ラウンジでは無料でドリンクが飲めたり充電コンセント付きの席があったりと、空港での待合室よりもさらに快適に過ごすサービスとなるでしょう。

他にも、レストランやホテルによって割引が利用できることや旅行保険加入扱いになるサービスがあることもあります。

しかし、魅力的に感じるこれらのサービスも、旅行に行かない人にとってはあまりメリットがありません。

このように、付加価値を基準にする際には、実生活でどんなサービスが得られたらお得かを考えた上で選ぶようにしましょう。

カード会社の規模

クレジットカードを発行している会社は、日本企業だけでも100社を超えるといわれています。そのなかでも、大手企業や中小企業などカード会社の規模でわけられます。

ここで疑問となるのが、クレジットカードの発行は大手企業と中小企業のどちらがいいかということ。

結論からいえば、これは自分の生活スタイルによって変わります。これは、クレジットカードの基本的な機能はどちらも同じであり、付加価値によってメリットが異なるからです。

大手企業の場合

安定したサービスとセキュリティの高さが魅力でしょう。さらに、クレジットカード利用に伴うサポート面も、大手企業ならではの対応力があります。そのため、万が一のトラブルがあったときも、安心してお任せできます。

中小企業の場合

大手企業にはない特色のあるサービスやお得なポイントサービスがあります。これは、大手企業と比べて知名度が低いため、サービスでアピールする必要があるからでしょう。また、カード会社の地域性も考慮されていることがあります。

カードステイタス・特典・年会費のバランス

カードステイタスや特典、年会費はバランスを考えて選ぶことが必要でしょう。

もちろん、年会費や利用金額が多ければ、それ相応のステイタスがあるクレジットカードが選べます。しかし、実生活とかけ離れたクレジットカードを選ぶと、バランスが悪くて失敗してしまう可能紫衣があります。

無理に年会費の高いクレジットカードを選んだ結果、特典を充分に利用できず無駄にしてしまうことがあります。そのため、年会費無料のクレジットカードでも充分生活に役立つというケースは非常に多いです。

一番大切なことは、「実生活に役立つかどうか」。収入と支出のバランスも考慮した上で、自分の生活に役立つクレジットカードを選びましょう。

男女100人に調査!あなたの魅力をあげるゴールドカード3選
男女100人に調査!あなたの魅力をあげるゴールドカード3選