HOME » 評判のクレジットカード一覧を紹介 » 三井住友マスターカード

三井住友マスターカード

MITSUI SUMITOMO MASTER CARD
補償内容が魅力「三井住友マスターカード」

補償内容が魅力
「三井住友マスターカード」の特徴

三井住友マスターカードは、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードのひとつです。

三井住友といえば、多くの方がVISAカードをイメージされるのではないでしょうか。ただ、マスターカードも基本的な機能、国際的なブランド、信頼性やステータスなど、VISAカードと同じです。しいて違いを挙げるなら、使える店舗がエリアによってはあるかないかというくらい。いずれにせよ、利用者の口コミ評判の高いクレジットカードです。

三井住友マスターカードのメリット

家族カード・ショッピングも補償

三井住友マスターカードは、補償内容に魅力があります。例えば、家族カードにも補償が付いているという点。一般的なクレジットカードには、本人カードには補償がついているけど家族カードにはないというものも多々あります。三井住友マスターカードは、本人はもちろん家族カードにもさまざまな補償がつきます

また、ショッピング補償がついているのもうれしいポイント。クレジットカードで購入した商品に万一破損があった場合、購入日から90日以内であれば補償されるサービスです。

写真入りカードも作成可能

海外でクレジットカードを紛失した場合、必ずと言っていいほど悪用されるでしょう。三井住友マスターカードでは、写真入りのカードが作れるため、その可能性が抑えられます。また、盗難や紛失で万が一不正利用がされた場合でも、補償されますので安心です。

ポイントサービスの移行

三井住友マスターカードのポイント還元率は0.5%(1,000円につき1ワールドポイント=5円相当)。貯まったポイントは、ANAマイレージやギフトカード、楽天ポイントなどに移行することが可能です。また、「ポイントUPモール」というショップサイトを介してお買い物をすれば、最大20倍のポイントを貯めることも可能です。

三井住友マスターカードのラインナップ

クラシックカード(一般カード) クラシックカード(一般カード)
年会費 1,250円(初年度無料、学生無料)
もっともスタンダードなカード。海外旅行傷害保険は最高2,000万円の利用付帯。
アミティエカード アミティエカード
年会費 1,250円(初年度無料、学生無料)
女性専用のクレジットカード。
クラシックカードA クラシックカードA
年会費 1,500円(初年度無料、学生は250円)
国内旅行傷害保険は最高2,000万円、海外旅行傷害保険は最高2,500万円が利用付帯または自動付帯。
プラチナカード プラチナカード
年会費 50,000円
空港ラウンジの無料利用、国内のホテル・旅館が優待料金で利用になるなど、特典が満載。
最高1億円の旅行傷害保険も付帯。

三井住友マスターカードの口コミ評判をチェック!

初めて海外に行くという方にはオススメ。いろいろなショップで使えますし、ATMで現金を引き出すこともできます。また、海外でカードを紛失したときに、緊急サポートデスクに連絡したらすぐにカードを再発行してもらい助かりました。

クラシックカードを利用しています。三井住友マスターカードは、使い勝手が良いのが一番のポイントでしょう。ネットショップを利用するときも、Tポイントや楽天ポイントなどに移行できるので、とてもありがたいです。

2年目以降は年会費がかかりますが、リボ払いと年1回はカード利用するという条件を満たせば無料になります。ただ、他のカードと比べると「ここで使えばお得」といったサービスが少ないように感じます。ブランド力はありますが、お得感を求める方には物足りないかもしれません。

注目度が高いおすすめゴールドカード3選