HOME » 評判のクレジットカード一覧を紹介 » 三井住友マスターカード

三井住友マスターカード

MITSUI SUMITOMO MASTER CARD
補償内容が魅力「三井住友マスターカード」

補償内容が魅力
「三井住友マスターカード」の特徴

三井住友マスターカードは、三井住友カード株式会社が発行するクレジットカードのひとつです。

三井住友といえば、多くの方がVISAカードをイメージされるのではないでしょうか。ただ、マスターカードも基本的な機能、国際的なブランド、信頼性やステータスなど、VISAカードと同じです。しいて違いを挙げるなら、使える店舗がエリアによってはあるかないかというくらい。いずれにせよ、利用者の口コミ評判の高いクレジットカードです。

初めてクレジットカードを持つ人にもオススメの1枚

三井住友マスターカードは万能型で、1枚持っていればほとんどのサービスが利用可能です。三井住友と言えばVISAカードのイメージがありますが、マスターカードはVISAカードと比べて付加サービスが多く、初心者でも十分満足できるカードで、基本的に弱点がない魅力的なカードです。

発行までのスピードが速い

三井住友マスターカードは申し込みをしてから、自宅に届くまでのスピードが速いです。最短3営業日発行なので、平日の月曜日に申し込みをしたとすると、水曜日には手続きが完了し郵送されることになります。

発行までのスピードがここまで早いと、急用でクレジットカードが必要になった場合でも間に合うかもしれません。突然決まった海外旅行や、急な大きい出費に役立ちますね。

365日24時間モニタリングで安心

カードが第三者により不正利用されていないか、365日24時間モニタリングしています。

モニタリングには、業界最高水準の不正使用検知システムを使用しており、万が一不審なカードの取引があった場合には、その取引をストップさせてカード会員様に電話をして、利用状況の確認を行います。

また、スキミングに対するセキュリティ対策も万全で、ICチップの内部情報を高度に暗号化しているので、安心してカードを使用することができます。

三井住友マスターカードのメリット

家族カード・ショッピングも補償

三井住友マスターカードは、補償内容に魅力があります。例えば、家族カードにも補償が付いているという点。一般的なクレジットカードには、本人カードには補償がついているけど家族カードにはないというものも多々あります。三井住友マスターカードは、本人はもちろん家族カードにもさまざまな補償がつきます

また、ショッピング補償がついているのもうれしいポイント。クレジットカードで購入した商品に万一破損があった場合、購入日から90日以内であれば補償されるサービスです。

写真入りカードも作成可能

海外でクレジットカードを紛失した場合、必ずと言っていいほど悪用されるでしょう。三井住友マスターカードでは、写真入りのカードが作れるため、その可能性が抑えられます。また、盗難や紛失で万が一不正利用がされた場合でも、補償されますので安心です。

ポイントサービスの移行

三井住友マスターカードのポイント還元率は0.5%(1,000円につき1ワールドポイント=5円相当)。貯まったポイントは、ANAマイレージやギフトカード、楽天ポイントなどに移行することが可能です。また、「ポイントUPモール」というショップサイトを介してお買い物をすれば、最大20倍のポイントを貯めることも可能です。

旅行傷害保険も充実

旅行傷害保険は、「スタンダードカード」か「スタンダードカードAカード」にするかで保険の内容が異なります。「スタンダードAカード」のみに、国内旅行、最高2000万円の傷害保険が適用できるので、国内旅行へ行くことが多い人は「スタンダードAカード」をおススメします。

海外旅行だと、「スタンダードAカード」の場合は、最高2500万円の保険が適用されます。「スタンダードカード」だと最高2000万円の保険が適用されます。

海外旅行傷害保険は、旅費などをクレジットカード決済して、購入することが条件となるので、事前に確認をするようにしましょう。

とても便利な三井住友マスターカードの付加サービス

電子マネー

WAONやPiTaPa、iDなどの電子マネーと組み合わせて、別カードを発行することもできます。iDだけは特別で、一体型のカードが選べるので、全国のコンビニ、スーパー、タクシーなどで幅広く利用できる便利なカードです。

iDは後払い型の電子マネーで、利用代金はクレジットカードの利用代金と合算して支払うことができます。使用できる場所はとても多く便利なので、1つは持っておきたい機能です。

ETCカード

初年度年会費が無料になり、翌年度は前年に一回でも利用があると年会費が無料になります。さらに、万が一の際の会員保障制度もあり、紛失や盗難があっても60日前にさかのぼって補償を受けることができます。

走行する時間帯によっては通行料金が割引になるサービスもあります。高速を走る機会が多い人はぜひ、ETCカードを導入するようにしましょう。

三井住友マスターカードのラインナップ

クラシックカード(一般カード) クラシックカード(一般カード)
年会費 1,250円(初年度無料、学生無料)
もっともスタンダードなカード。海外旅行傷害保険は最高2,000万円の利用付帯。
アミティエカード アミティエカード
年会費 1,250円(初年度無料、学生無料)
女性専用のクレジットカード。
クラシックカードA クラシックカードA
年会費 1,500円(初年度無料、学生は250円)
国内旅行傷害保険は最高2,000万円、海外旅行傷害保険は最高2,500万円が利用付帯または自動付帯。
プラチナカード プラチナカード
年会費 50,000円
空港ラウンジの無料利用、国内のホテル・旅館が優待料金で利用になるなど、特典が満載。
最高1億円の旅行傷害保険も付帯。

インターネットからのお申し込みで入会特典アリ

インターネットから申し込みをすると、初年度年会費無料になります。翌年以降も年会費を無料にするには、利用金額を確認する「web明細書」に申し込むと年会費が500円割り引かれます。

さらに、「マイ・ペイすリボコース」に申し込んで、利用をすると翌年度の年会費が無料になります。マイ・ペイすリボコースはリボ払いの申し込みをする必要があるので、利率が高くなります。慎重に考えてから申し込みをするようにしましょう。

三井住友マスターカードの口コミ評判をチェック!

初めて海外に行くという方にはオススメ。いろいろなショップで使えますし、ATMで現金を引き出すこともできます。また、海外でカードを紛失したときに、緊急サポートデスクに連絡したらすぐにカードを再発行してもらい助かりました。

クラシックカードを利用しています。三井住友マスターカードは、使い勝手が良いのが一番のポイントでしょう。ネットショップを利用するときも、Tポイントや楽天ポイントなどに移行できるので、とてもありがたいです。

2年目以降は年会費がかかりますが、リボ払いと年1回はカード利用するという条件を満たせば無料になります。ただ、他のカードと比べると「ここで使えばお得」といったサービスが少ないように感じます。ブランド力はありますが、お得感を求める方には物足りないかもしれません。

注目度が高いおすすめゴールドカード3選